Sponsored Link

投資

楽天証券 クレジットカード決済のポイント付与され方、利用タイミング

先に紹介した楽天カード決済でのお得な
つみたてNISAですが
初回の購入処理がつい先日行われました

いよいよ投資開始と意気揚々と
決済明細を見ていたら、
想定と違う処理結果になっていましたので
情報を共有します!

 

Sponsored Link

つみたてNISA 購入の決済処理"

ひふみプラスと楽天全米インデックスを
1万円ずつクレジットカードで購入する
申し込みをしていました

 

当初の想定は
20000円のクレジットカード決済
プラス
ポイントが1%つくので
200ポイントの楽天ポイントがつき
今月の投資総額は20200円になる

投資総額:20200円
クレジットカード決済額:20000円
ポイント付与:200円

想定でした

 

実際は
クレジットカード決済の履歴をみると

 

あれ??

投資総額:20000円
クレジットカード決済額:19951円
ポイント付与:49円

投資総額が20000円?
ポイント利用が49円?

あれれ?なぜ?

Sponsored Link

誤解1:投資総額について

購入時に指定出来る「積立金額」

あくまでクレジットカード決済で購入する分の金額であり
その購入金額にポイントが自動でプラスされ
その投資総額と思っていた

 

実際は…
購入時に指定出来る「積立金額」とは
ポイント利用(ポイントあれば)+クレジットカード決済金額=「積立金額」

楽天証券のページにしっかりと説明がありました
ポイント保有数によっては毎月のクレジットカード決済額が変わるようです

ポイントが沢山余っていたとしても、それが全て利用されるわけではない
あくまで積立金額の一部として利用されるとのですね

読み落としてました…

出典元:楽天証券

 

 

誤解2:ポイント付与タイミング

クレジット決済と購入と同タイミングにて、ポイントが付与され
即投資に利用されると思っていました

実際は…

他の楽天クレジットカード決済同様に
翌月の15日前後に付与されるようです
つまり今月利用分のポイントは
来月付与され、来月の投資にまわるようです

来月、再度明細を確認してみたいと思います

 

Sponsored Link

まとめ

勝手にサービスを勘違いしていました
積立NISAの特性を冷静になって考えれば

あまってるポイントが全て投資に利用される
ってことはありえないですね…

(ポイントを数万以上、大量に保有している場合、
それが制限なく投資に自動で利用されると
そもそも、積立NISAの年上限である
40万を越えてしまいますね…)

当初の想定では
クレジットカードで毎月2万分を決済し
それで得たポイントも投資にまわす予定でしたので
その要件にあうよう、購入設定を変えてみました。

購入総額
20200円
(内ポイント200円付与想定、内クレジットカード決済20000円)

小計
ひふみ 10100円
全米 10100円

 

はずかしい記事になってしまいましたが
誰かの参考になればと思います

みなさんは、投資する際は
しっかりと商品内容について理解した上で
購入しましょうね

Sponsored Link

Sponsored Link

betmob

Betmob|投資家ブログまとめメディア


  • この記事を書いた人
kiyo

kiyo

2018年から投資が趣味に加わりました。 なお華の2018年年始参戦の出川組です。 鋼のメンタルを武器に、含み損を取り返し 投資で1億の財産形成を目指します。趣味は投資と子連れ旅行!ブログでこれらを発信してきます。 →詳しいプロフィール

-投資
-

Copyright© 出川組夫婦が長期投資で一億を目指す , 2020 All Rights Reserved.