Sponsored Link

投資状況

2019年05月2週目投資状況報告

5月2週目の投資結果報告をしたいと思います。決算発表時期であることも一因ではりますが、何よりもまたもや米中貿易戦争が再燃しており、相場は乱高下のひどい状況。GW明けには令和のご祝儀相場があるのでは?とメディアが報じていましたが、それは何だったのか?個人的にはいろいろな株が下げてくれたお陰で欲しかった株を買い足せたので、よい買い場だったなと思っています。それでは、こんな相場の中でのウェルスナビや投信の結果を見ていきましょう!

Sponsored Link

ウェルスナビ

 

投資開始時期2018年10月末
月次積立金額初回10.5万、毎月2万
投資総額265,000円
評価額274,592円
利益率(円)+3.62%
利益率(ドル)+5.71%

 

円建て、ドル建てともにプラスを
なんとか維持していますウェルスナビ!

GW中にはダウが続落しており、そして明けには米中貿易問題によるネガティブなニュースにより円建てで4%のダウンとなりました。為替も大きく動いたため、円建てとドル建てで2%の乖離が発生しています。米国は中国に25%の関税をかけることを宣言しており、今後の展開に注目です。

今後も積み立て継続です。

 

  • 米国株VTI:配当なし
  • 日欧株VEA:配当なし
  • 新興国株VWO:配当なし
  • 米国債券AGG:72円
  • 不動産IYR:配当なし
Sponsored Link

積立nisa

投資開始時期2018年12月頭
投資総額258,919円
評価額259,637円
 ひふみプラス60,479円
 楽天全米株式64,132円
 ニッセイ外国株式13,739円
   eMAXIS S 先進国31,582円
 eMAXIS S 全世界89,705円
利益率+0.2%

ダウが元気がないお陰でVTI以外が元気がないです。ひふみ、先進国、全世界はマイナスになりました…。全体の利益率もぎりぎりの0.2%。来年度はからポートフォリオを組みなおし、もう少し米株比率(VTI、eMaxis S&P)を高めてもよいかな?と思っています。

 

個別株

結果

新規購入株:JT、双日
配当金: 集計中
株主優待 :なし

JTの配当利回りが6%の大台を超えたため買い足ししました。これで不労収入マシーンがさらに増えたことになります。日本株の持ち株の中では、JTとオリックスは業績、今後の見通しも、まだま明るいと思っていますので、更に下がるのであれば淡々と買いたと思います。双日は何となく口座に4万余っていたので、買い足しました(笑)米中貿易問題で、商社が軒並み下がっていたので…

こちらの投資結果には反映させていませんが、IPO資金が遊んでいる状態であったためそれらを使って下がった株を短期売買しようとしています。とりあえず、三菱自動車とパナソニックが決算で大幅に下がっため入ってみました。

現状は、以下6銘柄の追加購入検討しており監視中です。

  • JT
  • オリックス
  • 帝人
  • KDDI
  • 住友商事
  • 三井物産

 

Sponsored Link

IPO

結果

該当案件なし

ノーコメントです…(泣)

Sponsored Link

投資状況まとめ

ウェルスナビ274,592円
つみたてNISA259,637円
個別株1,457,040円
評価額合計2,467,421円
前回比+524,488円

積立しているウェルスナビ、つみたてNISAなどは評価を下げましたが個別株は冷静になって買い足しに回ることが出来たのでよかったと思っています。2018年12月の暴落の時は、下がっていること対して震えていたただけですが、買い足すという行動がとれるようになったのは投資かとして成長できたのではないでしょうか?

揉めに揉めている米中貿易交渉ですが、アメリカが中国へ25%の関税を課すまでにあと2週間ほどあるようです。この期間で、中国とどのように交渉をして着地を見るのか?トランプの発言も二転三転しているので、先が全然読みません。トランプのツイッターでの発言次第では、相場が大きく動くため本当に目が離せないですね…

それではまた!

Sponsored Link

Sponsored Link

betmob

Betmob|投資家ブログまとめメディア


  • この記事を書いた人
kiyo

kiyo

2018年から投資が趣味に加わりました。 なお華の2018年年始参戦の出川組です。 鋼のメンタルを武器に、含み損を取り返し 投資で1億の財産形成を目指します。趣味は投資と子連れ旅行!ブログでこれらを発信してきます。 →詳しいプロフィール

-投資状況
-

Copyright© 出川組夫婦が長期投資で一億を目指す , 2020 All Rights Reserved.