Sponsored Link

節約/投資準備

投資資金の作り方【出費見直し、複利パワー解説編】

 

投資資金を作るためには二つの方法があります

方法

① 収入を増やし、資金を投資にまわす

② 出費を見直し、余った資金を投資にまわす

①については、毎月のサラリーを
大きく増やすのはなかなか難しい話しですが

今回は②の出費についての考え方
及び長期運用の鍵である、
複利の有効性を紹介したいと思います

Sponsored Link

持たないという、選択肢を考えよう

出費を減らすには、経常的に払っている
固定費を減らすのが一番効率的です

特におススメなのが
首都圏、駅徒歩圏内にお住まいであれば
運用費が高い、
車の所有をやめることです

具体的に数値でみていきましょう

車の運用費には
税金、保険、燃料費、駐車場代などが
ありますが、
コンパクトカー相当であっても
約年44万の出費が必要となります

出典元:JA共済 車維持費

 

上記に加えて、10年に1回150万
安価な車に乗り換えると仮定すると
プラス年15万で合計年約60万
必要になります

10年で600万
25年で1500万
35年で2100万

持つだけで、これだけの出費です
逆に捉えると、持たないだけで
これだけの節約になるのです

車の維持費がわかったところで
車を買わずに、その費用を
全て投資運用にまわした場合を
考えてみましょう

車の運用費は毎年60万ということは、
毎月5万ですね
これを複利5%で投資運用したと考えると

運用期間25年
元金:15,000,000円
利益:14,775,485円
合計:29,775,485円

参考サイト:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

 

運用期間35年
元金:21,000,000円
利益:35,804,621円
合計:56,804,621円

参考サイト:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

すごい金額ですね
車は既に嗜好品、贅沢品に
なっているとしか思えません

このブログでは1億の資産形成
目指していますが
車に乗らずに、その費用を
投資にまわすだけで
35年後には目標の半分が達成されますね

なお実際に、我が家では
毎月5万以上を投資にまわしています

Sponsored Link

小額な費用削減でも、効果大

車に比べると、金額は
小さくなりますが
その他日々の嗜好品であるタバコや酒、おやつ代、ドリンク代も
見直すと、長期資産運用の観点では
資産形成が捗りますよ!

ざっくりですが
毎月1万円タバコ、酒、おやつ等に使うと考え
これを複利5%で投資運用したと考えると

運用期間25年
元金:3,000,000円
利益:2,955,097円
合計:5,955,097円

参考サイト:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

運用期間35年
元金:4,200,000円
利益:7,160,924円
合計:11,360,924円

参考サイト:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

どうです?
たった1万円、小額ではありますが
チリも積もればなんとやら

複利のパワー、長期運用の
パワーは凄いですね!

まとめ

複利のパワーは凄い!

年資資金は小額であっても継続的に運用すれば、大きなリターンが得られる

出費の見直し効果について紹介しましたが
人によっては、何に重きをおいて生活をしてるかにより、
感じ方、捉え方が違うと思います

金額が大きい車を例にとりましたが
車がなければ生活に支障が出る人や、
持たないことで、
ストレスを感じる人であれば、
その対応を得策では無いので
オススメはしません

たまたま我が家は、車が必要な要素が
ないため
ラッキーな状況だと思っています

投資資金を確保するために、
生活の根幹に関わる費用にメスを入れ
過度な節約生活を強いて
ストレスを感じなるのならば

それはきっと長続きしない方法なので
自分にあった、ストレスが溜まらない
資金確保の方法を見つけ、適用しましょう

節約しなくてもお金があれば、一番ストレスは溜まりませんが
そんな人は限られていますので(笑)

収入、出費を見直し
数%の複利を最大限に利用し
より良い投資生活の
参考になれたら、幸いです!

Sponsored Link

Sponsored Link

betmob

Betmob|投資家ブログまとめメディア


  • この記事を書いた人
kiyo

kiyo

2018年から投資が趣味に加わりました。 なお華の2018年年始参戦の出川組です。 鋼のメンタルを武器に、含み損を取り返し 投資で1億の財産形成を目指します。趣味は投資と子連れ旅行!ブログでこれらを発信してきます。 →詳しいプロフィール

-節約/投資準備
-,

Copyright© 出川組夫婦が長期投資で一億を目指す , 2020 All Rights Reserved.