Sponsored Link

個別株

【公募増資で下落】どうなるアルコニックス(3036)今後の株価、業績を予想

Designed by Freepik

非鉄原料の専門商社のアルコニックスが公募増資、オーバーアロットメントによる株の希薄の嫌気売りが原因で株価の下落しています。

そんなアルコニックスの今後の業績、株の買い時、将来性、倒産確率、掲示板やTwitterでの口コミ、などをまとめ考察してみたいと思います。

Sponsored Link

基本情報

先ずは、アルコニックスの基本情報を見ていきましょう!

会社名アルコニックス
業種卸売業
会社概要非鉄原料の商社
売上152,000百万円(前年比-29.3%)
当期利益6,200百円(前年比+116.8%)
PER5.2倍
PBR0.67倍
ROE6.87%
ROA2.03%
自己資本比率28.9%
現在株価1,297円
株主優待カタログギフト(1年以上の長期保有が必要)
配当(利回り)110円(3.70%)

※2021年12月17日時点

株価が下落しているアルコニックスですが、非鉄原料の商社です。双日系の会社であり、レアメタルに強みを持っています。

売上は思わしくないないよう見えますが、利益としては増益となっていますね。

Sponsored Link

業績

セグメント構成としては、4つの事業に分かれていますが、大きく商社流通事業と製造事業の2つの事業で構成されます。

売上としては商社流通事業が5割を占めますが、利益は非常に低いです。

製造事業は売上比率は低いですが、利益比率を見ると5割を占めていることが分かりますね。

出典元:マネックス証券

通期業績においては、2019年に売上はピークアウトして、減収が続いています。

しかし、利益については直近3年をみるとVの字回復以上に成長しているようにみえます。

出典元:マネックス証券

将来性

2018年にアルコニックスは雑品スクラップを回収し、金属を抽出し加工する事業に力をいれています。

発展目覚し新興国にて、金属の需要が高まっており、かつ最近話題のサステナビリティというキーワードがありますが、時代にあっている事業戦略だと思います。

出典元:アルコニックス

該当事業を拡大するために、M&Aを積極的に実施しており、今までに19社もの実績があります。

今後もM&Aを活用することで。事業の柱の創生と拡大を目指していくとのことです。

需要は充分にありますので、戦略としては間違っていない、成長性のある計画だなと思っています。

出典元:アルコニックス

計画では2024年には純利益が67億円を目指しているようです。2021年は28億円なので、2倍以上ですね。

株主還元性が強い会社であるため、この計画値を見ると、増配にもかなり期待をしてしまいます。


出典元:アルコニックス

Sponsored Link

キャッシュフローと倒産確率

キャッシュフロ-

売上が低迷していることから営業CFは落ちこんでいます。

成長戦略で掲げている製造事業の拡大、収益性が上がらなければ、営業CFは伸び悩みそうです。

出典元:マネックス証券

倒産確率

アルコニックスはキャッシュリッチな会社です。

直近において、現金・現金等価物が潤沢にあるため倒産リスクはありません。

株価チャート

公募増資を発表したことにより、約19%の希薄化する可能性があり、急落となりました。

一次は1200円を割りましたが、反発上昇してきています。

また希薄化の懸念はありますが、長期的にも1200円台は安値圏であるように見え、この急落は買いのチャンスだと思っています。

配当金

配当利回りは3.7%と利回りが上がってきています。

配当は増配傾向にあり、優待もあることから、株主還元が強い会社だと思います。

そのため、将来性にて記載した計画通りに会社が成長すればかなりの増配が期待できる銘柄です。

出典元:マネックス証券

株主優待

出典元:アルコニックス

1年以上100株保有で2500円相当のカタログギフトが貰えます。

そしてなんと3年以上の保有になると2500円のカタログギフトが2冊に増えます。

また株数によって更に拡充されます。

Twitter、掲示板の反応、口コミ

直近の1200円を割った下落は買い場と捉えている人が多いようにみえました。

配当、優待ともに魅力的なので、このタイミングにて仕込んだとの声もありました。

まとめ

  • 利益は伸びている
  • リサイクル事業は時代あっている
  • 成長のための投資に積極的
  • 配当、優待が魅力的

成長戦略が明確であり、そのためのアクションもしっかりうっていることから、今後に期待できる銘柄かなと個人的には思います。

サステナブルがキーワードに近年では挙げられるていますが、リサイクル事業はまさに時代にあった事業だと思います。

会社が成長すれば、増配にも期待出来るため、先の下落タイミングにて、管理人も仕込ませてもらいました。

Sponsored Link

Sponsored Link

betmob

Betmob|投資家ブログまとめメディア


オススメ証券口座

LINE証券

LINE証券口座開設

ネオモバ同様に少額から株の購入が可能です。株を7%オフで購入できるチャンスや決算後にその日の終値で購入出来るなど、魅力的なキャンペーンがあるのが特色です。

LINE証券

LINE証券口座開設

ネオモバ同様に少額から株の購入が可能です。株を7%オフで購入できるチャンスや決算後にその日の終値で購入出来るなど、魅力的なキャンペーンがあるのが特色です。

ウェルスナビ

ロボアドといばウェルスナビです。手数料は1%と少し高めですが、殆ど手放しでの投資、運用が可能です。株投資初心者の第一ステップとしては、よいサービスだと思います。

  • この記事を書いた人

kiyo

2018年から投資が趣味に加わりました。なお華の2018年年始参戦の出川組です。鋼のメンタルを武器に、含み損を取り返し 投資で1億の財産形成を目指します。趣味は投資と子連れ旅行!ブログでこれらを発信してきます。※株について考察を行っていますが、最終的な投資決定はご自身の判断(自己責任)でお願いします。 →詳しいプロフィール

-個別株
-,