Sponsored Link

個別株

【業績好調】どうなるI-ne(4933 )今後の株価、業績を予想

Designed by Freepik

株価市場が全体的に落ち込み、特にマザーズ市場が大幅な下落により、それに引きずられる形でI-ne(アイエヌイー)の株価が急落しています。

今回はI-neの今後の業績、株の買い時、将来性、倒産確率、掲示板やTwitterでの口コミ、などをまとめ考察してみたいと思います。

Sponsored Link

基本情報

先ずは、I-neの基本情報を見ていきましょう!

会社名I-ne
業種化学
会社概要美容関連製品メーカー
売上28,000百万円(前年比+19.8%)
当期利益1,050百円(前年比+16.0%)
PER22.8倍
PBR2.86倍
ROE20.90%
ROA8.01%
自己資本比率52.7%
現在株価2,749円
株主優待なし
配当(利回り)0円(0%)

※2022年2月3日時点

I-neは美容系メーカーとして人気商品を開発しています。

特にシャンプー「BOTANIST」、ドライヤー「SALONIA」有名ですね。配当も優待もなく、グロース株として株価上昇を狙うような銘柄です。

他のグロース株と比べると比較して的にPBRが低くく3倍以下となっています。

Sponsored Link

業績

セグメント構成としては、日本事業が売上の大半を占めています。利益率も10%以上と収益性はかなり高いです。

海外事業は比率は低いですが、まだまだ伸びしろはありそうです。

出典元:マネックス証券

通期業績を見ると、売上、利益ともに右肩上がりとなっています。

2022年度も過去最高益となり、EPSも順調に上がっており、会社として順調に成長していることがわかりますね。

出典元:マネックス証券

将来性

I-neはヒット商品をいくつも世に出しているメーカーです。

一番有名なのはBOTANISTですが、近年はリラクゼーションドリンクとして「CHILL OUT」が伸びています。(栄養ドリンクランキング上位)

てっきりコカ・コーラの自動販売機にあるので、コカ・コーラが開発した飲み物かと思いますが、I-neが開発した商品なのです。

出典元:I-ne

栄養ドリンクは利益が非常に高い特徴があります。また新たなリラクゼーションドリンクという新しいジャンルであるため、更なる市場拡大が出来そうですね。

またその他にも複数のヒット商品を開発しています。なぜI-neはこんなにもヒット商品を出せるのでしょうか?

その理由は、AIを活用したトレンドキャッチ力、事象のインハウスクリエイター(創造作業を行うクリエイター)による企画力にあるようです。

出典元:I-ne

この企画力については、ヒット商品を出しているという実績がありますので、ヒットの大小規模はあると思いますが、今後も魅力的な商品開発が期待できるのでは?とは思っています。

魅力的な商品開発により、売上利益ともに上がっていますが、会社全体の利益率7.14%、当期利益は3.75%と高くはありません。

営業利益は順調に伸びていますが、今後はこちらの改善について注目が必要かなと思います。

出典元:I-ne

Sponsored Link

キャッシュフローと倒産確率

キャッシュフロ-

営業CF、フリーCFが順調に伸びています。現金資産を順調に伸びています。

出典元:マネックス証券

倒産確率

直近において、現金・現金等価物が潤沢にあるため倒産リスクはありません。

株価チャート

岸田ショック、マザーズ暴落により2021年末から、株価は急落しています。

一時は6000円の株価でしたが、今は3000円以下です。

企業の成長性、将来性を考える魅力的な位置にいるように見えますね。

配当金

グロース銘柄であるため、配当はありません。

株主優待

優待も現在はありません。

同業種他社のように、今後優待を新設することをあり得るとは思っています。

Twitter、掲示板の反応、口コミ

チャートとしては買いたい形ですが、まだまだPERとしては高すぎる。

新日本製薬とバリエーションを比較している人が多そうです。またシャンプーしか利益に繋がっていないという厳しい声もありました。

まとめ

  • 売上、利益は右肩上がり
  • 利益率も上がっている
  • 魅力的な商品の企画開発力
  • 今後の優待新設にも期待

オシャレ系、美容系の商品の企画力また売上も伸びていることから、面白そうな会社だと思います。

ただし、純利益が低いのと直近の相場が悪すぎるので、まだまだ様子見でよいと思います。

昨年IPOした銘柄ですので、適正株価は未知数ですので…

betmob

Betmob|投資家ブログまとめメディア


Sponsored Link

オススメ証券口座

LINE証券

LINE証券口座開設

ネオモバ同様に少額から株の購入が可能です。株を7%オフで購入できるチャンスや決算後にその日の終値で購入出来るなど、魅力的なキャンペーンがあるのが特色です。

LINE証券

LINE証券口座開設

ネオモバ同様に少額から株の購入が可能です。株を7%オフで購入できるチャンスや決算後にその日の終値で購入出来るなど、魅力的なキャンペーンがあるのが特色です。

ウェルスナビ

ロボアドといばウェルスナビです。手数料は1%と少し高めですが、殆ど手放しでの投資、運用が可能です。株投資初心者の第一ステップとしては、よいサービスだと思います。

  • この記事を書いた人

kiyo

2018年から投資が趣味に加わりました。なお華の2018年年始参戦の出川組です。鋼のメンタルを武器に、含み損を取り返し 投資で1億の財産形成を目指します。趣味は投資と子連れ旅行!ブログでこれらを発信してきます。※株について考察を行っていますが、最終的な投資決定はご自身の判断(自己責任)でお願いします。 →詳しいプロフィール

-個別株
-,