Sponsored Link

子連れ旅

子連れでハワイ滞在時の注意点【持ち物、時差ボケ対策】


Designed by Freepik

0、1歳児とハワイ行くための長期フライト対策について紹介しましたが、滞在先のハワイでどのように過ごすのかも非常に重要なポイントです。

あわせて読みたい

対応をしっかりしなければ幼児、乳幼児は慣れない海外の地でストレスを溜めてしまい愚図る可能性が大いにあります。

そのような事を未然に防止するため、滞在中の対策について、時差、持ち物、保険、観光の観点でまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

時差ボケ対策をどうする?

日本とハワイの時差は、−19時間です。日本を夜出発すれば、その日の午前中に到着するという凄い時差があります。

この大幅な時差により子供もリズムが崩れてしまい、風邪を引いたり、夜寝れなくなっては大変です。

そこでおススメなのはハワイの現地時間ではなく、日本時間で過ごすことです。

−19時間の時差は見方を変えれば+5時間です。5時の時差であれば日本時間で過ごしても、観光もしっかり出来ますよ。

具体的に日本時間で過ごした場合のプランを見ていきましょう。

 

日本時間(米時間)sampleプラン
6時(11時)起床、朝ごはん
8時(13時)観光①、昼ごはん
13時(18時)昼寝
15時(20時)観光②
18時(23時)夕ご飯
 21時(2時)就寝

1回目の観光は時間に余裕があるため、少し遠出や時間がかかるところに行けます。なおもう少し、長めに観光をしたいのであれば、いつもより1、2時間早めに行動開始すれば満喫出来るでしょう。(日本時間5時に起きる)

1、2時間ぐらいの差であれば時差ボケには影響は少ないと思います。

このプランの問題は、昼寝後の2回目観光は、ハワイ時間ではもう夜ということです。そのため遠出はせずにホテル近辺や屋内施設で観光するのが良いです。

どうでしょうか?-19時間の時差があってもしっかりと観光時間を確保出来、日本リズムで過ごせそうではありませんか?

この過ごし方の1番のメリットは、帰国後に時差ボケがなく、すぐに日常的に戻れる点です。時差ボケになってしまうと、保育園にも預けれませからね

なお我が家では当時1歳であった我が子は、この作戦が成功し時差ボケもなく、ハワイでも帰国後もリズムを崩さないで夜は爆睡でした。

Sponsored Link

持ち物はどうする?

ベビーカー、ごはん、離乳食、オムツを持っていくか現地で購入するかで悩むポイントの一つかと思います。

私は全て日本から持って行くことをオススメします。

理由としては該当品を持って行かない場合、先ずハワイについたらそれらを調達しに行かなければいけません。慣れない土地でお目当ての品がすぐに見つかるでしょうか?それは難しくと思います。

事前に日本でリサーチしていたとしても、「現地に行ったら想像と違っていた」、「子供がハワイの品を受け入れてくれない」というリスクもあります。

日本から持参していけば、そんなことは起きません。ハワイに着いても現地調達する必要がなく、すぐに観光に繰り出せます。

日本で利用している馴染みの品なので、子供の肌に合わない、受け入れてくれないというリスクもありません。行きのスーツケースに沢山の子供用品を詰め込むだけで、リスクが潰せるなら、そうすることはをオススメします。

ポイント

離乳食を食べさせるならば、調理器具が揃っているコンドミニアム型のホテル滞在が断然オススメです。

保険は必要か?

子供はケガ、病気になるリスクが大人より高いです。乳幼児、幼児なら尚更です。アメリカはご存知の通り、医療費が非常に高額です。

もしものとき、大人はクレジットカード付帯の保険でなんとかなりますが、子供はそうもいきません。

旅行期間はしっかり保険に加入しておきましょう。そして加入するだけではなく、どこの病院が提携先になっているかしっかり調べて地図で場所を把握しておきましょう。

ポイント

ハワイには、日本人もしくは日本語が通じる病院もありますので、そこを優先的チェックしましょう。
Sponsored Link

おすすめ子連れ観光スポット

ハワイ行くと大人もテンションが上がり、いろいろな観光スポットに行きたくなりますよね?

子連れならば、そこは我慢して子供に負担をかけないよう無理な観光はやめましょう。sampleプランにも記載しましたが、午前と午後で観光をわけて、昼には一旦ホテルに帰り昼寝をするぐらいが丁度いいと思います。

おすすめ観光地(近場)

ワイキキビーチ

ホテルはワイキキビーチ沿い隣接しています。ワイキキビーチは1番手軽に楽しむことが出来る観光スポットです。

綺麗なワイキキビーチを家族でまったり散歩するもの楽しいですよ。特に夕暮れのワイキキビーチは最高です。

またカフェやショップも集まっているので、寄り道しながら散歩するだけでも飽きませんよ。

あわせて読みたい

動物園、水族館

動物園、水族館が嫌いな子供はいないと思います。

ワイキキビーチ沿いを南へ行くと動物園、水族館があります。どちらも徒歩圏内ですので行きやすいです。

だだし、気温が暑すぎると動物園の動物は、あまり活動的ではなくなるので面白くないかもです。

アラモアナでショッピング

ハワイ最大のショッピングセンターです。沢山のテナントが入っていて、全てまわるにはかなり時間がかかります。

ユニクロも入っているので、下着やTシャツなどが足りなくなったら調達するのも良いかもしれません。

オススメはフードランドファームズというスーパーです。その中で食べれるポキ丼(マグロ丼)は安くて美味しいです。イートインコーナーでゆっくり食べるもよし、ホテルに持ち帰ってもよしです。

ポイント

アラモアナにはピンクラインのトロリーで行くのが一般的ですが、該当トロリーはJCBカードあればタダで乗れます。また山手線のようにぐるぐると循環しているため、観光バスのようにずっと乗っているだけでも楽しめます。

おすすめ観光地(遠地)

オワフ島ではバスがメインの交通機関です。遠出をするなら、1日フリーパスチケットもあるバスをうまく利用しましょう。

なお日本で事前にSIMを購入し、現地で利用出来るようにしておくと、バスの運行情報が調べられて非常に便利ですよ。

なお運行情報はDaBus2というアプリが便利です。

 

出雲大社

観光時間 2時間〜(バス移動込み)

異国の地にある出雲大社です。狛犬にレイがかかっていたり、サーファー用のお守りなど変わりダネがあったりと独特な雰囲気です。

参拝してバスで行って帰ってくるだけなら、2時間程度でいけるのも魅力的ですね。

なお途中チャイナタウンを通りますが、夜は治安が悪いので行くなら早めの時間帯に行きましょう!

ダイヤモンドヘッド

観光時間 4時間〜(バス移動込み)

オワフ島といえばダイヤモンドヘッド。1番有名な観光地ではないでしょうか?

抱っこ紐で子供が大人しくしてくれる、かつ自身の体力に自信があるならば、子連れで挑戦をしてみるのも良いかもです。私は抱っこ紐を利用し子供と登頂しました。

だだし、行く場合は靴はしっかりとした靴で行きましょう。本格的な山ではないにしろ、ゴツゴツとした岩肌の道が続きます。自分が転んで抱っこ紐で抱えている子供が怪我しては一大事です。

なお歩きたい年頃の幼児、イヤイヤ期の子供には登山は厳しいのでやめましょう。

おすすめしない観光地

ハナウマ湾

オワフ島で1番有名なシュノーケリングスポットですが、湾内には日陰がないため小さい子供には厳しい環境です。

日射病になっては大変なので、小さい子供連れは避けた方が良いです。

ビーチは綺麗なんですがね…

またワイキキから少し遠いのもマイナスです。

私も検討しましたが、上記理由にて諦めました。子供が大きくなった時にまたハワイに来てハナウマ湾でシュノーケリングをしようという野望はありますよ!

Sponsored Link

まとめ

  • ハワイは日本時間で過ごす
  • オムツ、離乳食は日本から持って行く
  • 子供用の保険は加入し、病院の場所も事前に確認
  • SIMカードは準備したほうが便利
  • 観光ではバスを有効活用しよう

いかがでしょうか?ハワイ滞在中の過ごし方、プランは立てられそうですか?

異国の地で大人が浮かれて子供に負荷をかけないよう、大人が子供を振り回さないよう、注意して家族でのハワイ滞在を楽しみましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

betmob

Betmob|投資家ブログまとめメディア


  • この記事を書いた人
kiyo

kiyo

2018年から投資が趣味に加わりました。 なお華の2018年年始参戦の出川組です。 鋼のメンタルを武器に、含み損を取り返し 投資で1億の財産形成を目指します。趣味は投資と子連れ旅行!ブログでこれらを発信してきます。 →詳しいプロフィール

-子連れ旅
-

Copyright© 出川組夫婦が長期投資で一億を目指す , 2020 All Rights Reserved.